転職活動に関する事前準備と面接を成功させるポイント

転職したいと思ったとき、どんな活動から始めたらよいのでしょうか。

 

経済情勢が先行き不透明なこともあり、軽い気持ちで仕事を辞めることはできません。

 

仕事に限らずに、今取り組んでいることを中断するには要因があります。

 

転職を目指すなら、転職をしたいと思った背景を見直します。

 

転職したい理由を考えることにより、自分が転職先に望んでいるものが明らかになってくるはずです。

 

会社内での人間同士の環境が良くなかったり、働き方に納得がいかない点があったり、会社の場所や給料などで他に望むことがある方もいます。

 

どうして転職をしたい思うようになったのかわかれば、次の仕事先に求める条件を自ずから明らかにすることができます。

 

希望条件が複数ある場合は、優先順位をつけましょう。

 

希望条件がすべてかなう転職先がみつかればよいのですがなかなか難しいことです。

 

条件を緩く設定したり、この条件だけは確保したいと決めることも、転職活動では重要なポイントです。

 

人間とは欲張りなものなので、いざ決断する段になるともうちょっといいところがあるかもと思ってしまいがちです。

 

最初から、どういった仕事内容を希望するか明確になっていれば、決意は揺らぎにくいものです。

 

現状の何を変えるために転職活動をするのか、どの条件が満たせればいいかを決めることによって、ブレのない転職活動が可能になります。

 


 

どの条件を優先させて仕事を選ぶかを決定したら、次に行うべきことは転職活動への実際の取り組みです。

 

転職を支援するサイトは、ネットにはたくさんあります。

 

ハローワークに日参したり、折り込みチラシや新聞広告で求人情報をチェックしていましたが、サイトの情報量はそれらの比ではありません。

 

求人情報を見ても、つきたい仕事がなかなか見つからないという方は、職務経歴書の作成から着手します。

 

過去に経験した仕事の内容を、わかりやすく書き出していきます。

 

自分のアピールポイントはどこにあり、どんな仕事が向いているかがはっきりすれば、転職活動の向かう先も見えてきます。

 

もしも取っておくと転職に有利な資格があるなら、仕事を探しながら資格を取るための取り組みも行います。

 

まずは資格を取ることに全力を尽くし、取った資格を武器に転職活動をしてもいいでしょう。

 

職務経歴のある転職者が新卒に対して有利な部分とは、当然ですが転職先にアピールできる職務経歴があることです。

 

その反面、経験や実績が効果を上げない仕事であれば、アピール力が不足してしまいます。

 

求人先の会社がどんな人材を必要としているかを予測し、自分の強みを相手に伝えていきます。

 

転職活動を円滑に進めるため、職務経歴書で自分の能力をまとめておきましょう。

 


 

 

 

転職活動のクライマックスともいえる面接が、書類選考を通過したらあります。

 

面接前には、自己分析や会社研究をきちんと終わらせておきましょう。

 

そして、どうしてこの会社を希望したのか、自分のアピールポイントは何かを言えるようにします。

 

これまでの仕事内容と希望する仕事との差が大きければ、希望をする理由も話す必要が出てきます。

 

これまでの経験を、今後の仕事の中にどう生かしていくかも必要になります。

 

転職をすることで何をしたいと考えているかは、転職活動を決断した動機の中に存在していることがあります。

 

転職活動を始めるきっかけは、消極的理由が多いかもしれませんが、すべて伝えてしまっては好印象を与えることはできません。

 

消極的なものと相手に捉えかねない理由であれば、積極的な言い回しに切り替えます。

 

人付き合いが問題だったなら、円滑な関係を望んでいるという言い方が可能です。

 

仕事のノルマに追われる日々が苦痛だったなら、一つ一つの仕事を心を込めて取り組みたいという言い回しもできます。

 

通勤時間が長いことが辛かったという自助努力では補いきれない点でも、アピールポイントにできます。

 

例えば、郷里へのプラスになるような職業を希望しているとか、通勤時間をもっと生産的なことに振り分けたかったといえば自己アピールにできます。

 

自己アピールと前向き思考への転換に就職活動の鍵はあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

更新履歴